飯田市のまちづくり

いいだし

Iida-Shi

長野県の飯田市におけるまちづくりに関する評価や意見をするページです。
飯田市は交通の便が良いと思いますか?

まちづくり評価

本サイトにおいて飯田市の自治体としての評価は3と普通よりやや良い評価となっています。是非あなたの評価も教えてください。

交通の便が良い
69%
買い物には便利
72%
自然を感じる
53%
愛着を感じる
69%

飯田市のまちづくり

 
飯田市を評価する
総合
公共交通整備
バリアフリー化
情報発信
イベント/交流
商店街活性化
      

転入転出状況

転入転出率推移
人口規模が同じ市区町村の転入率/転出率(増加率)は埼玉県坂戸市は3.79%/3.70%(0.09%)、神奈川県伊勢原市は4.21%/3.95%(0.26%)、静岡県浜松市は4.00%/3.90%(0.1%)、京都府京都市は5.95%/5.18%(0.77%)、大阪府池田市は4.16%/4.08%(0.08%)、大阪府泉佐野市は3.66%/3.94%(-0.28%)、岡山県津山市は2.79%/3.12%(-0.33%)、福岡県筑紫野市は5.03%/5.02%(0.010000000000001%)、鹿児島県鹿屋市は4.59%/4.85%(-0.26%)となっています。

※転入とは飯田市の区域内に,他の市区町村から転入した人

※転出とは他の市区町村から飯田市へ転入し,住所を定めた人

ただしこれら転入転出の数には住所を定めた者の数で市区町村内での住所変更,国外転出,国外からの転入及び従前の住所地が不明場合を除く

労働状況

労働者比率 [%]
第3次産業就業者数30,313人58%
第2次産業就業者数16,879人32%
第1次産業就業者数4,837人9%

労働先比率 [%]
自市区町村で従業している就業者数47,403人88%
県内他市区町村で従業している就業者数6,095人11%
他県で従業している就業者数236人0%

飯田市のまちづくり事例

飯田市で実施された子育て政策の一例を表示しています。(出典:内閣府

飯田市飯田地域の航空機産業
産業,地域活性化
講演・勉強会,制度,支援
飯田航空宇宙プロジェクトにおいて、優れた加工技術を持つ中小企業を中心に、航空機産業に係る共同受注体制の確立を目的としたエアロスペース飯田(AI)を創設(平成18年5月)。地域中核企業である多摩川精機は、これまでの海外メーカーとの取引強化により、ボーイング社のTier1メーカーへと発展。同社を牽引役に、AIの受注体制強化とTierの向上を目指す。企業の経営力向上の新たな支援機能(知の拠点)として、産学官金連携による専門人材の教育・R&D機能(信州大専門講座)と試験評価設備・拠点を、飯田工業高校跡地に整備予定。
飯田市民間主導のエリアマネジメントによるまちづくり
地域活性化
交流会・情報共有,開発・創出
まちづくり会社が主体となって、再開発、空き店舗を活用したテナントミックス、集客イベント等のエリアマネジメントを実践。再開発事業を拠点に、商業、業務、住宅、文化交流、公共公益等の都市機能の集約化を図り、連続的な投資を呼び込む
歩行者自転車通行量が増加(H14:5,658人→H27:9,738人)
コミュニティ活動
飯田市のコミュニティを表示しています。