瀬戸内町のまちづくり

せとうちちょう

Setochi-Cho

鹿児島県の瀬戸内町におけるまちづくりに関する評価や意見をするページです。
瀬戸内町は交通の便が良いと思いますか?

まちづくり評価

本サイトにおいて瀬戸内町の自治体としての評価は3と普通よりやや良い評価となっています。是非あなたの評価も教えてください。

交通の便が良い
49%
買い物には便利
75%
自然を感じる
80%
愛着を感じる
81%

瀬戸内町のまちづくり

 
瀬戸内町を評価する
総合
公共交通整備
バリアフリー化
情報発信
イベント/交流
商店街活性化
      

転入転出状況

転入転出率推移
人口規模が同じ市区町村の転入率/転出率(増加率)は北海道三笠市は3.50%/4.80%(-1.3%)、宮城県川崎町は2.00%/3.12%(-1.12%)、福島県塙町は2.27%/2.99%(-0.72%)、山梨県忍野村は6.33%/5.01%(1.32%)、長野県白馬村は3.67%/3.92%(-0.25%)、三重県大紀町は1.94%/2.80%(-0.86%)、徳島県つるぎ町は1.84%/3.05%(-1.21%)、福岡県糸田町は4.41%/4.76%(-0.35%)、熊本県嘉島町は5.05%/4.10%(0.95%)となっています。

※転入とは瀬戸内町の区域内に,他の市区町村から転入した人

※転出とは他の市区町村から瀬戸内町へ転入し,住所を定めた人

ただしこれら転入転出の数には住所を定めた者の数で市区町村内での住所変更,国外転出,国外からの転入及び従前の住所地が不明場合を除く

労働状況

労働者比率 [%]
第3次産業就業者数2,980人77%
第2次産業就業者数526人14%
第1次産業就業者数375人10%

労働先比率 [%]
自市区町村で従業している就業者数3,762人97%
県内他市区町村で従業している就業者数110人3%
他県で従業している就業者数5人0%

鹿児島県のまちづくり事例

瀬戸内町で実施された子育て政策の一例を表示しています。(出典:内閣府

公共交通
バス,電車,船
ICカード化の目的は①従来の紙製共通回数券や定期券と比べ簡素化、迅速化を実現することにより乗客の利便性向上を図る。②乗車実態の把握により効率的な運行体制を構築し、市電・市バスの利用促進につなげる。③紙製共通回数券の相互精算や集計業務の軽減、不正乗車の防止など業務の効率化と適正運賃の収受を図る。・対象地域は、種子島・屋久島を含む鹿児島県本土及び宮崎県・熊本県の一部であり、ICカードの種類・名称は2種類あり、それぞれ発行主体は以下の通りである。①Rapica(ラピカ):鹿児島市交通局、南国交通、JR九州バス②いわさきICカード:鹿児島交通、いわさきバスネットワーク・ICカード共通乗車券の利用できる交通機関は、各社路線バス、市電、一部フェリー等旅客船(ラピカは平成19年4月より桜島フェリーで利用可能となった、いわさきICカードは高速船トッピーで利用可)である。・主なサービス内容としては(②、③は「ラピカ」のみ)、①発売・積み増し時のプレミア:発売時及び積み増し時に1割のプレミアが付加される。②ICカード導入に伴う新たなサービスとして、乗継割引(バスとバスの場合は5%割引、市バスと市電の場合は40円(小児20円)を割引。ただし、同一事業者の場合に限る。③利用運賃額の1%がポイントとして積み増し時に付加される。
コミュニティ活動
瀬戸内町のコミュニティを表示しています。